2017年6月26日月曜日

女性を含む4人が技能問題に取り組み本番環境に近づける

女性を含む4人が技能問題に取り組み本番環境に近づける

2017年7月24日(土)には長野県から来られた方と女性を含む4人で公表問題作成を行いました。

今まで、マンツーマンで講習を受けていた際には、自分のペースが他の人のペースと比べる機会がなかったので今回は他の人を意識した講習会となりました。

マンツーマンでの講習はまず、基本を覚える点では自分のペースで学べるという特徴がありました。

他の人との兼ね合いで技能講習を受けるメリット

今回、マンツーマンで受講されていた方が4人になったため、今まで感じなかったプレッシャーを感じ、複線図が間違ってしまったり、複線図が途中で止まってしまったりという経験をされました。

と言っても、これは講習を共に受けるメンバーが多くなればなるほどこうした経験をされる方が多いので、何も心配する必要はありません。 

むしろ、こうした経験をしておくことで、本番でのパニックを回避する訓練になります。

周りの人のペースが速いとかなり焦りが出てきますし、気が散らされます。 気が散らされて自分の作業ができないと感じると、試験の時間オーバーや欠陥につながる可能性も増えます。

気が散らされる環境をあえて経験しておく

独学でももちろん技能試験は突破できます。 

 が・・・ 個人的に練習してきたものの、本番では年に一回の40分、一本勝負ということもあり、開始早々かなりの緊張感が生じます。  

ここで、個人的に練習してきた人は、初めて他の人のペースに飲み込まれてしまう経験をして、今までできていたことができなくなってしまうということがあるのです。  

これでは、1年に一回の試験に後悔が出てしまうこともあります。 

それで、お薦めはしたいのは、あえて他の人と公表問題を作成できる環境を作り出すことです。  

ECQ講習会は少人数制で5人までですが、この環境を経験するのに不足はありません。

今回人数が多くなったために少し戸惑った方も、何度かこの環境で本番試験まで、メンタル面でも完成に近づけていく計画を立てています。 

是非皆さんも、個人的に独りで練習している方はこうした対策をあえてしておかれることをお勧めします。



2017年3月15日水曜日

試験センターより欠陥事例が公開されました

平成29年度から実施の欠陥に関する基準

試験センターからの情報です。

NEW★電気工事士試験における欠陥の判断基準が詳細に掲載されました。
NEW★平成29年度より電気工事士技能試験の欠陥事例が詳細に公開されました。
NEW★平成29年度第二種電気工事士技能試験候補問題が公表されました。

こうした変更は平成29年度から実施されます。

第二種電気工事士の技能を突破するためには必読しておかなければなりません。

ECQもこの変更に応じた情報に基づいてサイトをリニューアルしました。
欠陥事例も軽欠陥などはなくなったので欠陥事例として扱っております。
ECQサイトからも詳細を確認できます。

 
上記の書籍はいずれも平成29年度の変更を網羅している本です。

2016年8月2日火曜日

平成28年度 第一種技能収録DVD

平成28年度 第一種技能収録DVD 

毎年、似たような問題が出題されますが少しづつ変化しているため、問題の撮影に少しばかり時間がかかりました。
今年も10問を3枚のDVDに分けました。


 
  DVD申込フォーム

 ブルーレイやHD規格のプレイヤーでは見れません。 DVDプレイヤーかパソコンのDVD再生ソフトでご覧ください。

 第一種の技能問題は二種と違い施工条件や使用される電線、金属管やPF管使用などにより結線、つまり複線図が変わると言うのが実情です。

このDVDはそのすべてを収録しているわけではありませんが、問題の基本を元にECQで設定したあるいは想定した条件で問題を作成しています。 

技能収録DVDは、材料を揃えた時点から完成まで一通り収録しております。

ノーカットではありませんが、全体の作業流れを確認していただきやすくなっています。

同じ作業の繰り返しや間延びするところは省略してあります。

ある程度流れが分かれば、早送りで確認したい部分を重点的に確認できます。

 このDVDは2種を取得された方を対象にしていますので、レセプタクルの器具付などの単位作業は習得済みと考えて進めています。

単位作業等を忘れてしまった方はECQの2種コーナーでの単位作業DVDをお求めください。

 映像は全体を見る状態で撮影していますので単位作業のような基本作業をズームアップはしておりません。

 作業に関する説明はテキストのテロップを入れています。

  DVD申込フォーム

2016年6月2日木曜日

第二種電気工事士 ECQ技能講習会のお知らせ

ECQ 第二種電気工事士 技能講習会


2016年度の筆記試験が間近に迫りました。

筆記試験から技能・実技試験までが約2か月です。

2か月はあっという間に来てしまいます。

なので、しっかりと準備するために今回はECQ技能講習会の概要をお知らせします。

★講習希望日が選べる!(木曜日以外 日曜日は午後のみ)

各地で第二種電気工事士の講習が開催されますが、日付が指定されるため、会社の休みが取れ

ないなどの制約がある。

しかし、ECQは木曜日以外はご自由に自分に合わせた講習日を選んでいただけます。

公表問題13問を作成できる日数は平均3日間ですが、講習日数はご自分のレベルに合わせて

随時増減できます。



★費用が手頃

費用は格安とは言えませんが手頃な価格を設定しております。

1日:6時間で7,000円  (日曜日は4時間で5,000円)

こちらの講習会以外の講習会の費用を比較検討していただければ手頃かなと思っていただけます。



★少人数制(5人まで)

1人からでも開催 (マンツーマンでも費用は同じ・・・得した気分)

大勢すぎると個人的な欠陥などが見過ごされがち。ECQは個人に合わせて見ていけるので

重大欠陥や軽欠陥などを修正していけます。


★持ち物は工具と4色ボールペンのみ

講習で使用する電線や器具はECQで準備。

テキスト購入が求められることはありません。

お持ちしていただくのは指定工具や便利な工具などご自分で揃えられたものでOK



★女性電気工事士を目指す方も気軽に!

近年は女性の方が電気工事士の資格に挑戦される方が多くなりました。

ECQ講習会を始めた最初の受講者が女性でした。それ以来昨年で10人が受講され、

全員が合格しております。

女性の方で2種の取得を目指しておられる方は是非お気軽に申し込みください!


★申し込み

申込はこちらのフォームから






今までに講習会に参加していただきました県の皆さん

岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、静岡県、長野県、石川県、富山県、福井県、大阪府、

京都府、兵庫県、奈良県、愛媛県、福岡県、東京都、茨木県、千葉県、秋田県






2016年3月31日木曜日

やってしまった重大欠陥!後で気づく・・・・。

今回は第二種電気工事士技能試験での重大欠陥の一つを紹介 

講習会にて実際に完成したものの重大欠陥に気づかなかったものです。



 この問題は2016年度の問題にも公表されているものです。 

本人は作成には時間そのものは30分以内と問題なく作れました。 

残念ながら、本試験でこの状態ですと不合格となってしまいます。 

結線的にはスイッチのイでレセプタクルおよび丸形引掛けシーリングを問題なく点灯させることができます。

 なのになぜ重大欠陥??? 

すでにお気づきのように、この問題ではEETに接続する電線の太さが2㎜となっており、ブルーの電線を使用しなければなりません。 

講習会では同じ問題を同時に作っていただきましたが、同じ問題を行うことにより、ほかの人との

意識が関係し、普段ではしないような作業の進め方になってしまいます。 

もし、この問題が今年に出されたとしたらぜひブルーの電源線が2箇所に使用されるということを覚えておきましょう!


 図面をよく見ると施工電線種類が電源線だけでないことが分かります。 

施工条件に注意!


さて、自分はそんな間違いはしないと思われるかもしれません。そう願います。 


本試験では、何十人あるいは何百人と言う環境の中でいっせいのスタートですから、自分を見失っ

てしまうこともありうるのです。 

ではまた講習会でやってしまった重大欠陥をご紹介することにしましょう!

2016年3月19日土曜日

VVFの剥ぎ取りはガッチャン式とホーザン式のどちらが有効?

以前にVA線(VVF)の剥ぎ取りに使用するストリッパとしてホーザンP957とHUJIYAの比較をしてみたことがある。

 P958に似ている商品が出てきたのでホーザン式としてみた。

HOZAN(ホーザン) VVFストリッパー P-958

MCC VA線ストリッパ (エコ) VS-4A


一方、ガッチャン式も性能があがり、VA線の太さやメーカーなどに合わせて調整できるものも出てきた。
ベッセル(VESSEL) プロコン VA線ストリッパー 3200VA-1

フジ矢 VA線ストリッパ FVA101

さて、どちらが果たして試験的には有効だろうか? 

これは、ECQの講習に来られた皆さんの使用具合を観察して気づいたことなのですが

あくまでもこちらの主観が入っているかも知れないので判断は皆さん個人でしてみてください。 


まず、ホーザン式を剥ぎ取り工具として持参される方は大体8割の方で、ガッチャン式を持参される方は2割です。 

初めて工事士の試験を受けられる方や、工具を普段触らない方はどちらかというとホーザン式が多いです。 

一方、電気工事の見習いの方や、何らかの設備工事に携わっている方はガッチャン式が多いような気がします。

 もちろん、一概には言えませんが・・・。 

そこで、観察によると、ホーザン式の剥ぎ取りにはちょっとしたコツがあります。

これは実際に剥ぎ取りをしてみないとなかなか肌で感じることができませんが、コツをつかみ、慣れればかなり速いペースで作業できます。 

このホーザン式は外装を剥ぎ取るのは本当にきれいに剥ぎ取れますが、問題はその中の絶縁被覆を剥ぎ取るときです。

この剥ぎ取り作業(絶縁被覆)がうまくいかないためにかえって作業が遅くなる人もいます。

どうすればすんなり被覆が抜けるかのその感触がつかむまで時間がかかる人もいます。 

悲しいかな、試験が迫ってきても時間短縮ができなかった方もいました。 


そこで、絶縁被覆をなんなく剥ぎ取れるのがガッチャン式です。

なので、ホーザン式の剥ぎ取りがうまくいかない方はガッチャン式もありかなと思います。 


さて、ガッチャン式はどうでしょうか? 

ガッチャン式の剥ぎ取り工具を初めて使用する方は、外装剥ぎ取りがまずうまくいかない傾向にあります。 

ガッチャン式も外装剥ぎ取りのコツがあります。

それは使用説明書どおりにやればいいことなのですが、やはり慣れないと外装をうまく剥ぎ取れません。

あせるとかえって中の絶縁被覆まで傷をつけかねません。 


言ってみればどちらも慣れればよいことですが、人によって得手不得手が出てくるものです。 


どちらかに悩まれているなら、いっそう二刀流にするのも手かも知れません。 


でも、新品で揃えるとお金もかかります・・・。